大腸癌対自家製野菜ジュース

大腸癌対自家製野菜ジュース

私は25歳の時、父を大腸癌で亡くしました。

 

同じ屋根の下、癌と懸命に戦う姿の父と過ごした時間は今でも掛け替えのない思い出です。
こちらからがん治療 免疫について知ることが出来ます。
父の癌が見つかったのは突然でした。発見される1週間ほど前からお腹に違和感を感じると言い出し、それから便が出なくなり、これは変だと病院に行ったら進行性のとてつもなく大きな末期の大腸癌があることがわかり、即日入院の即手術でした。その時の知らせのショックは今でも忘れません。
お探しの免疫治療 がん療法についてはこちらです。
手術は無事成功しましたが、身体中に小さな転移もあり、肺や肝臓など、手が出ないところまで癌は猛威を振るっていました。
免疫治療 病院をお探しならこちらです。
医者から、余命半年との宣告。死は目の前に思えました。
気になる方は免疫治療 NK細胞←をクリック!
それから抗がん剤の治療が始まりましたがなかなか効果も出ず、副作用で当たり前の生活がとてもつなく大変な生活と変わり、今思うと父は本当に強くそれらと向き合ったと思います。
話題の免疫細胞 最先端情報についてはこちら!
色々調べていくうちに、人参をベースとした搾りたての野菜ジュースが癌に効くとの噂を目にしました。人参の酵素が免疫力を高めるそうです。

 

それから毎日朝昼晩と大量の自家製野菜ジュースを作り、父の癌に効きますようにとの願いで、家族みんなで飲みました。

 

スーパーでかごいっぱいに人参を買ってきました。

 

その願いが効いたのでしょうか、余命半年と言われた父は、それから1年半生きることが出来ました。医者も父の癌の成長速度やいろいろな検査の数値が想像よりも良好で、驚いておりました。

 

しかし、どんなに頑張ろうとも、どんなに祈ろうとも、やはり早すぎる死に今でも悲しさは消えません。

 

どうかたくさんの人が早期発見のためにも、定期的に健康診断を受け、少しでもおかしいと思ったらためらわず病院に相談されますように。さらに、そうならないように普段からの生活を無理せず健やかに過ごされますように努力しましょう。